Google Insights for Search ちょいと触ってみる

なかなか面白いチャート。

読み取れることは多々あるよね。

EC-CUBE 独走とかそんな誰の目にも分かることは置いといて、去年1年の動きが興味深いなと。特に年末。

日本ではメジャーとは言えないプラットフォームだけを集めてみました。

CS-Cart以外はOSSなので直接比較はまぁフェアではない。日本語版のフリー版が出たのも昨年11月のことなので。

で、何を読み取れるかってことだけど、去年は日本において大きなシェアを持つ「EC-CUBE」「ZenCart」「Magento」の検索クエリーがずっと下げ続けていたんだけど、この間世の人達のECに対する興味は薄れていたのかなぁという疑問が沸いてきて。
で、このスクリーンショットの出番。

メジャーとはいえないこれらのプラットフォームの検索クエリーはどうだったのかと。

んー減ってるねw

これを震災の影響だと言っちゃうのは簡単だけど、たぶん関係ない。3月に入る前から急減してるし。

そうかASPに流れたのか?

流れていなそうだけど、検索ボリュームに圧倒的な差があるから判断し難いな。

Amazon抜いてみよう。

あれ。。Amazon抜くと楽天上昇してんのか。

 

ただし、このGoogle Insights for Searchはベータサービスだから精度はちょっと微妙。
(検索クエリーの取り方によって結果が大きく変わる上に期間指定でよく分かんない結果になるので注意は必要です)

えぇ商いどっと混むダウンロード販売終了

 

本日は件名の通り、えぇ商いどっと混むでのダウンロード販売終了のお知らせをさせていただきます。

これまで多くの方にZenCartでサイト構築する際の情報源の一端としてご利用頂くとともに、ZenCart用モジュールも数多くダウンロードしていただきました。

感謝の気持ちでいっぱいですが、この度2012年2月末日でえぇ商いどっと混むサイトのリニューアル準備のためダウンロード販売も終了することになりました。

 

オフィスあんどぷらすのサイトもリニューアルし、そちらでZenCart用モジュールやCS-Cart用アドオンのダウンロード販売を行っております。
今後はオフィスあんどぷらすのサイトをご利用頂きますようお願い申し上げます。
※えぇ商いどっと混むは今後形を変え各種情報提供を行っていくことを考えておりますが詳細は未定となっております。

 

この度は皆様方にご迷惑をおかけすることになってしまいます為、僭越ながらオフィスあんどぷらすサイトへの新規会員登録で5,000円分のポイントをプレゼントさせていただきます。
※2月末日までに新規会員登録頂いた方に限定させていただきますことご了承ください。

 

えぇ商いどっと混むではメールアドレスさえも虚偽のユーザー登録が多かったためユーザー情報の移行は行いません。
改めてご登録頂きますようお願いいたします。
なお、住所、氏名等虚偽のものと判断したご登録はご連絡なく削除いたしますのでご了承くださいませ。

オフィスあんどぷらすのサイトへのご登録は下記よりお願いいたします。

http://www.andplus.net/index.php?dispatch=profiles.add

 

リリース予定、開発予定の当方開発CS-Cart用アドオンも多数控えていきますし、今回のポイントご利用でお安くご購入頂けますのでこれを機会にCS-Cartへの乗り換えをご検討いただけたらとてもとても嬉しいです。

それでは今後ともオフィスあんどぷらすをよろしくお願いいたします。

 

CS-Cart EC-CUBEからの移行用アドオン

 

他のECプログラムからCS-Cartに乗り換える際に一番のネックは「データの移行」だと思います。

CS-Cartにはこれまでも「ZenCartからデータ移行する為のショップインポーター」というアドオンが用意されていました。
対応するZenCartのバージョンは1.3.0ですが、少し手を入れれば1.3.8a以降にも対応できます。
(ご要望ある場合はお問い合わせください)

先日になりますが、待望の「EC-CUBEからデータ移行する為のショップインポーター」がリリースされていました。
上手なプロモーションが功を奏してEC-CUBEで構築されたサイトが多いですが、ようやくEC-CUBEからCS-Cartへの移行が簡単に行える様になります。

サイトが成長し、海外を市場として捉える様になったら多言語対応が必要でしょう。
商品の追加画像がどうしても6枚以上必要だというのならEC-CUBEではカスタマイズが必要です。

EC-CUBEでサイトを運営されているショップの方、これを機にCS-Cartに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

そのECプラットフォームいつ出来たの?

–引用元 http://zen-cart.jp/
ZenCartファーストリリース2003年

CS-Cart was started when its founders (3 of us) decided to leave our current employer and make own shopping cart. It was about 2 years ago and in just six months, we released our first CS-Cart v1.0 (August 2, 2006). From that point CS-Cart was born.
–引用元 http://cscart.blogspot.com/2006/01/interviews.html
CS-Cartファーストリリース日 2006年8月2日

株式会社ロックオンが開発してきたECサイト構築システムECKitを元に、2006年9月1日にオープンソースとして公開(デュアルライセンスの採用により、GPLの他、商用ライセンスも選択可能)。同社を主導として開発が続けられている。
–引用元 http://ja.wikipedia.org/wiki/EC-CUBE
EC-CUBE ファーストリリース日 2006年9月1日

The hype surrounding Magento Commerce’s official release has lingered for about a year. For those of you who haven’t been privy to the news – Magento Commerce is an open source eCommerce shopping cart platform brought to you by a company called Verian. The shopping cart is quite feature rich out of the box, and is positioned to be the de-facto standard for open source eCommerce platforms. As it stands, this product is expected to oust Open Source frontrunner OSCommerce along with a handful of other open source, PHP based solutions. I won’t get into much detail about what Magento Commerce is and its history, there’s plenty of coverage the company has had over the past year in anticipation for it’s release – which by the way, was March 31st.
–引用元 http://www.blueacorn.com/blog/shopping-carts/magento-commerce-a-first-look/
Magentoファーストリリース日 2008年3月31日

デジタルスタジオ(本社:東京都港区)は2009年12月1日、自動アップグレード機能を搭載したオープンソースのECサイト構築ソフト「Live Commerce 0.1 α版」を同社のWebサイトで公開した。手間をかけず、安全にバージョンアップして、常に最新版を利用できるという。ライセンスはGPLv3。
–引用元 http://sourceforge.jp/magazine/09/12/02/1034233
LiveCommerceファーストリリース日 2009年12月1日

  1. ZenCart 2003年
  2. CS-Cart 2006年8月2日
  3. EC-CUBE 2006年9月1日
  4. Magento 2008年3月31日
  5. LiveCommerce 2009年12月1日

の順で開発が古いです。osCommerceはもっと古いです。割愛しました!

CS-Cart って結構古いのね。
なのに古くささを感じないってことは「正しく進化し続けている」証だと思いますよ。
あんどぷらすのCS-Cartデモサイトの管理画面を見てくださいな。

ユーザー名:andplus-demo
パスワード:admin-demo

Zen Cart 代替配送モジュールのお問い合わせを頂いた

普段ならお問い合わせ頂いたことをブログ記事にすることは皆無なのですが、返信メールが届かなかったのでこちらで記事にしがてらコンタクトを頂こうかと。

お問い合わせの内容(本文の細部は変更してあります)

商品が二カ国から発送されます。
送料は発注額が300ドル以上なら無料となるのですが、2つの国に発送元がまたがる場合、A国の商品とB国の商品ごとにこの規定を適応させたいのです。
発注総額がA国のものだけについて300ドル以上だとA国分は送料無料。でもB国分が299ドルだと送料を一律40ドルいただくというようなことは出来ますか?

こういったことを代替配送モジュールで実現できるかということですね。
鍵になるのは国内の地域ベースではなく国ベースである点、国ごとに送料無料規定が異なる点、ドル決済な点でしょうか。

結論から言えば代替配送モジュールでモジュールのカスタマイズ無しに対応できます。
ただし、運用に留意する必要はあります。

代替配送モジュールは元々「メーカー別配送モジュール」として企画したものです。
その為、商品ごとに設定するメーカーをキーとしています。メーカー設定がなければ使えないということです。

今回のように発送元の国に応じて異なる送料規定を適用したいといった場合には、

  • 各商品にメーカーを登録する(商品登録画面で)
  • 国ごとの送料テーブルを2種類登録する(代替配送モジュール)
  • メーカーごとに代替配送の組み合わせを登録する(代替配送モジュール)

という様にすれば良いです。

代替配送モジュール設定項目
代替配送モジュール設定項目
配送の組み合わせ
配送の組み合わせ
組み合わせ設定画面
組み合わせ設定画面

これで前述の「国ベース」「国ごとに送料無料規定が異なる」ことはクリアできそうです。
もうひとつドル決済な点です。
このモジュールは日本語版での利用、デフォルト通貨日本円で動作することを想定しています。ドル建て決済にも対応できますがモジュールで生成している部分は円表示になっています。(下記画像のように最終的な送料表示はドル換算されます)

カート内表示
カート内表示

メーカーごとの内訳が表示されますがその部分のドル換算ロジックが実装されていない点を除けば実用に足ると思います。
別途有償でドル換算に対応することはできます。

このように今回のご要望に関してはそのまま使うことが可能です。

Zen Cart用モジュール「顧客情報CSV出力コンポーネント」販売開始

久しぶりのZen Cartモジュール。
顧客情報を抽出するモジュール(コンポーネント)です。※有料8,000円
顧客情報CSV出力コンポーネント
セールのお知らせを郵送で送りたいとか、年賀状や暑中見舞いを送りたいとか、そういった用途にお使いください。
出力するデータは下記のようになっています。
[01]顧客ID,[02]国,[03]郵便番号,[04]都道府県,[05]市町村,[06]住所1,[07]住所2,
[08]会社名,[09]顧客姓(漢字),[10]顧客姓(仮名),[11]顧客名(漢字),[12]顧客名(仮名),
[13]性別,[14]生年月日,[15]電話番号,[16]FAX番号,[17]メールアドレス,[18]DM
「[18]DM」はメルマガ購読の申し込みの有無でDM送信がOKなのかNGなのか表示します。
並び順は都道府県コード順です。
今年の年賀状送付にもまだ間に合うかも!?
※このモジュールは「CSV-コントローラー(無料)」が必要です。

ZenCart用モジュール

オフィスあんどぷらすで制作販売しているZenCart用モジュールのうち、ポイントモジュールアドバンスと、会員ランクモジュールアドバンスのセット販売を期間限定で行います。
期間限定ですので20%OFF 1万円引きにて提供しちゃいます!
セットでこそ力を発揮する機能もあるので、やはりセットで使ってもらいたいのですが、まずは予告です。
具体的なキャンペーン期間は決まり次第告知します。
ZenCartのコミュニティ掲示板に顔を出す時間もなかなか作れないほど、最近もZenCartカスタマイズいっぱいやってます。
オフィスあんどぷらすはCS-Cartに力を入れていきますが、ZenCartのモジュール開発もまだまだしていきます。
最近ではこんなものを作っていました。
・商品の発送を外部委託している企業様用の出荷依頼CSVファイルの出力モジュール開発
・上記に付随して各種フォームの入力チェック機能のカスタマイズ
・共同購入モジュール(非常に困難な局面に遭遇しています。。早急に完成させたいところです。)
・商品オプションの組み合わせ登録を商品登録画面内で完結させるロジック開発(これもちょっと手こずってます)
・オプションの必須項目設定を管理画面で一元的に管理するモジュール開発(ちょっと修正中です)
その他既存サイトの修正とか調整とかも受託してます。

Zen Cart 1.3.0 配達希望日指定モジュール(配送希望日)

Zen Cart 用の配送モジュールに依存しないで配達希望日(配送希望日)を指定するためのモジュールです。
元は当ブログでも過去に紹介しましたが、本家で公開されている海外モジュール「order_delivery_date_2-2」というモジュールです。
このモジュールを日本語化し、1.3.0用としました。
便利なモジュールなのですが、コアの改変が多いので導入には注意をしてください。
入手はこちらから
http://www.a-akinai.com/modules/zox/admin/categories.php?cPath=1_12&pID=15
無料です。

Zen Cartポイントモジュールアドバンスv120

ポイントモジュールアドバンスのアップデートを行いました。
内容は下記。
※※ 2009/10/20アップデート+バグフィックス(v120) ※※
機能追加によりマイナーバージョン番号をアップしました。
□新機能
・多通貨に対応しました。これに伴いポイント表示系の関数を刷新。
これまでも多言語には対応していましたが、複数の通貨を採用したショップにおいて
(例えばUSD)で100ドル未満の商品に対してポイント付与率が1%の場合、ポイントが付与されないという問題がありました。
今回の機能追加で、複数の通貨を採用していても円の場合とほぼ同じだけのポイントが付与されるようになりました。
「ほぼ」というのは、為替レートによって購入額に応じた比率での付与なので為替レート分差が生じます。
あくまでも購入額に対するポイント付与率での計算としています。
・ポイント利用時の最大ポイント利用数制限の拡張 thx Miss Yamane
最大利用ポイント数の設定値を「空欄」とすることで最大利用数を保有ポイント数と同一にします。
□バグ修正
・edit_ordersにおいて注文修正画面でのステータス変更時に意図しないポイント確定が発生するバグの修正。
・ポイント含むセール設定画面でセールの追加が出来なくなった問題の対処
最新のセキュリティパッチの導入によって上記問題が発生していました。
(フォーム生成をデフォルト関数で行う形に変更)
■ポイント有効期限チェックについて
□新たに管理者ログイン時に自動チェックする方式を加えました。全部で4種類です。
・管理者ログイン時
・ユーザーログイン時
・手動
・cron
ユーザーログインのみ負荷も考慮して該当するユーザーのみに関してチェックします。
その他は全ユーザーチェックです。
□cron利用について説明とファイル追加 合わせて既存のpoints_expiration_method.phpを手動時のみ利用するよう変更
・cron利用 及びコマンドラインでのphp利用が可能であることが前提
・cron用ファイルはZen Cartのインストールパスを利用環境に合わせて記述することが必要
・cron用ファイルはインストールパス以下であればどこに設置しても稼動します。念のためファイル名のリネームか.htaccessで制限をかけることをお勧めします。
※ただし、extra_function等の事前にロードするディレクトリには不可。adminログイン画面が表示されなくなります。
ご利用いただいている方は下記URLから入手後適用してください。
http://www.a-akinai.com/modules/zox/index.php?main_page=product_free_shipping_info&products_id=10

ZenCart日本語公式

http://zen-cart.jp/bbs/viewtopic.php?f=6&p=22836#p22836
注目度は高いけど、実のある議論は難しいかな。
・掲示板という場
・発言者の立場
利用者から見れば無料モジュールで標準搭載のほうがいいという意見が出るのは当然だよね。
その意味では、このトピの議論を掲示板という場に投げたのはいかがなものかと。
実はこの議論、以前よりdev-zenというZenCart開発用のMLや、skypeミーティングでされてきていることなんだよね。
そこでの意見は真っ二つで、「公式はモジュール開発をすべき」か否かでいつも紛糾する。
そしてコンセンサスは取れないままなし崩し的にモジュール開発がスタートした。(と俺は思っている。)
発言者の割合は半々から6:4くらいで「公式はモジュール開発している場合じゃない」という意見なんだよね。dev-zenでは。
なぜ掲示板にこの話題を投げたのか。
「みんなが望んでることはやっぱり公式のモジュールじゃん」
という主張のための議論ではないのか。
導きたい結論ありきの、論調の誘導が目的でこの場を選んだのならフェアじゃないなと。
(相変わらず俺は穿った見方するねw)
では改めて、なぜ今公式の運営に対するリソースが不足しているのか。
リソースが不足しているということは事実としての共通認識だ。
(誰と誰の共通認識かというと、公式モジュール賛成派と反対派)
それでも既に動いてしまっている複数のモジュール、テンプレート開発プロジェクトは進捗が見られる状態。
一部の人達がモジュール開発してる。
んじゃリソース不足してないんじゃないのかという意見も出そうだけど、ドキュメント、サイト、コアバージョン追随ということに関しては実働リソースがほとんどない。
何故かって?公式のプロジェクトは、アークウェブさんの社内リソースの投入と、一部の有志によって成立しているから。絶対数が足りないのでモジュールやテンプレート以外にリソースを割けないんだよ。
これ以上のリソースは有志頼みなんだけど、この有志が集まらない。
次。
ドキュメントの類にリソースが集まらないのは何故か。
ここのところの議論はいつもされてこなかった。
リソースが足りない。

誰かやってくれませんか?

誰もやらない。
この繰り返し。
リソースが足りない原因が掴めていない。
なんで誰もやらないのかということを考えたことはあるんだろうか。
どうも、面倒だからやりたがらないとしか捉えていない様子。
それは間違ってはいない。
大抵の人にとってドキュメントの整備は楽しくないからね。
楽しくない作業にも意義を見出す人達はいないのか?
モジュール作者とか、Web屋がその候補だと思うんだ。
こういう人は、ZenCartをビジネスライクに捉えている。
故に常にどうしたら売り上げが上がるかということを中長期的な視点から考えている。
楽しいか否かとか、やりがいとかは最優先項目ではない。
自分の利益の為にZenCartのユーザー拡大や、利便の提供が必要だと考えているので、楽しくない、陽の目をあびないドキュメント整備等の作業に「目的」を持って取り組める数少ない層なんだよ。
なのに、そういった層の人達がコミットしない。
何故か。
そこには原因があるはず。
公式の動きにコミットすると困ることがあるんだよきっと。
自分のビジネスが阻害されるからなんじゃないの?
自分が販売しているモジュールと重複するモジュール開発プロジェクトが立った。
自分が開発しようとしていたモジュールと重複する公式モジュール開発プロジェクトが立った。
自分がカスタマイズを請け負ったサイトと同様な機能を有するモジュール開発プロジェクトが立った。
こういった状況に陥ることは往々にしてあると思う。
そんな状況が発生することが目に見えてる以上、コミットすることはかなり難しい。
サイト構築とかカスタマイズする時守秘義務契約結ぶでしょ。
場合によっては競業避止も結ぶかもしれない。
法的にもコミットできなくなるね。
ではこういった人達が公式にコミットしたいと考えた時、回避策はないのか?
公式がモジュールをやらなかったらどうなる?
コアとかドキュメントだけだったら、上述のような状況は発生し得ないよね。
そうすればリソースが今よりも確保しやすくなる。
と思うんだけどどうだろうか。
自分のビジネスと競合するプロジェクトだけコミットしなければいいじゃんという意見はナンセンスだと思うよ。
公式は利用者の利便性を向上することも大事だけど、関わる制作者(モジュール作者に限らずWeb制作会社全般)の利益も守るべきだと思う。
掲示板にも書いたけど、関わる全ての人が利益を享受できないのはどこかが歪んでるんじゃないかな。