鳥取の小学校は「学級委員長」なし

ばかげてるなぁ。
人権団体っていったい何がしたいの?
鳥取県の公立小学校が「学級委員長」を無くしたのは、人権団体などから「委員長になれなかった子供が傷つく」「自分にはできないと劣等感が生まれる」などの抗議があり、自粛が全県に広がったためだという。図書委員、保健委員といった担当者はいるが、これらの委員は全て横並びの関係にしている。また、「差別」の観点から、運動会の徒競走でも全員が同時にゴールできるように、走るのが遅い子供に対しては、コースをショートカット(近道)したり、スタートラインを他の生徒より前にしたりする学校もあるのだそうだ。
-出典 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090212-00000002-jct-soci –
「競争」での順位が「差別」とか頭悪いんじゃないの?

Zen Cartコミュニティ掲示板

残念なことに最近過疎化っぷりが激しい。
Mixiのコミュニティも完全に死んでる。
日本語公式版が未だに1.3.0であること、公式サイトが非常に見にくく利用しにくいこと、公式サイトのデザインがしょぼいこと、そんな理由から新たなZen Cart採用者が減っていると思われる。
あんどぷらすの受託案件はそのほとんどがZen Cart絡み。
モジュールの導入からカスタマイズ、サイト構築やリニューアル様々。
Zen Cartが廃れると困るんだよねw
どうしたらいいかなぁといつも考えてる。
コミュニティ掲示板でも困ったといった書き込みに対して開発環境で再現するか試して解決策を見出してからレスを返すということも行っている。
これは一見すると直接お金を生む行為ではないから無駄だと思う人もいるだろう。
(結構な時間を使うことになるから以前は俺もそう思ってた。)
でも掲示板に困ったことがあると投稿するも解決しない場合、極端なことを言えばZen Cartの採用はあきらめてしまうかもしれない。
その場で直接お金にならなくても、ネットショップが軌道に乗ればもっと便利にとモジュールを買ってもらえるかもしれない。リニューアルの依頼をしてくれるかもしれない。
その時のためにZen Cart市場の活性化、拡大を促進する行為だと思っている。
そして「オフィスあんどぷらす」という存在を知ってもらう場でもあり、ブランディングでもある。
Zen Cart利用者はもとより、WEB屋さんにももっともっと使ってもらいたいなぁ。
話は変わるが、Zen Cartをがっつりカスタマイズしてサイト構築できるWEB屋ってそんなに多くないと思う。
理由は明白。
Zen Cart(に限らないが)の構造を理解するのに時間がかかるから。
ファイル数もとても多いため触りたくない=触る気にならないというプログラマも多い。
ドキュメントの類も不足している。
DB構造とか、ファイル構成などの情報が足りない。あっても1.2時代のままだったりする。
工数を減らすためにOSSを採用するはずなのに、OSSの解析、理解に時間を費やさねばならず、ある意味腹をくくる覚悟がないと取り入れられないのかもしれない。
うちは3年前に腹をくくったw
もう少し時間が出来たらドキュメントの整備もしたいなと思ってる。
日本語公式にコミットするか否かは別問題だけどね。
情報の分散は良くないと考える人も多そうだけど(以前は俺もそう思ってたが)分散しても良いんじゃないかな。
利用者の多いアプリケーションはブログで情報発信する人も多くなって必然的に情報は分散するものだし。
多くのサイトがあれば人目に触れる機会も増えて活性化するとも思う。
Zen Cart2.0が出るのでそのタイミングでZen Cartを取り巻く環境が活性化してくれることを期待しているけど、日本語公式の動きが鈍ければ独自にローカライズして情報発信するよ。
日本語公式にコミットしろよという声も聞こえてきそうだが。

株式会社SUN破産

このニュースがあった直後にエントリを書いてあったんだけどドラフトに入れたまま忘れていたので加筆しつつ投稿。
http://www.suninc.jp/wp-content/uploads/2008/11/hasan.pdf注)リンク先はドメイン失効しているのでデッドリンクです。
破産手続き開始のようですね。
TokyoZERO番地(同上)はどうなるんでしょうね。
こんな記事に興味を持ったのは二つ理由があって。
ひとつは少し前にTokyoZERO番地への出展案内とか取次ぎの営業とかが頻繁に来ていたということと、私自身だいぶ前にアニメーションとかアバターを作ってたということから。
セカンドライフにはもう全く興味がないわけですがもしかしたら私の作ったアニメーションがまだ流通してるかもしれないなー
ヘンナノだから一度見たら忘れないとは思うw
「土下座アニメーション」www
自販機も置きっぱなしじゃないかなぁ。
もう2年近く経つかな ログインしなくなって。
そんなことを思い出した。

今日は何日?何曜日?

忙しい時って曜日とか日付がまったく分からなくなるw
今日は祝日だったんだねlol
建国記念日か。
小ネタを見つけた。
ここ
イランも2月11日なんだね。
だからなんだといわれても困るんだけどw
あんどぷらすのサイトとか、えぇ商いのサイトは休日のアクセスが激減するんだよね。
もうちょっとまじめにプロモーションしないといけないなと常々思ってるんだけどなかなか実行に移せていない。
人様のサイトをコンサルする以上自分のサイトもきちんとメンテナンスしないといけないなとこれもまた常々反省している。。
あんどぷらすは子供服販売のサイトを持っているんだけど、あまりにもメンテやプロモーションに時間を割けなくて、今月15日をもって閉店することにしました。
何気に8年目のサイトなので感慨もあるのだけど致しかたなく閉めることに。
そういえば先日サイトを売ってくれというDMが来てたんだけどサイト売買って市場が成り立ってるのかなぁ。
Monsterkidsは商材が特殊なのでサイトを誰かに譲渡する気は全くないんだけどね。
いずれ時間が作れるようになったら再開したいとも思っているし。
これまで取引をしていただいたメーカーさん、製作者さんにはとても感謝しています。
購入いただいた方にももちろん感謝しています。
妻はいつの日か子供服に限定しないショップを立ち上げたいと言っているのでその時またお会いできることを願っています。

Zen Cart 関連商品表示モジュール

このモジュール、結構な数ご購入いただいています。
ありがとうございます!
関連商品モジュールは私の販売するモジュール第一弾でした。
その頃はZen Cartのバージョンは1.2。
Zen Cartの理解もまだまだ浅い頃でした。
(今では受注案件のほとんどがZen Cart関連なのですがまだまだ未熟ですorz)
そんなわけで、関連商品モジュールは今見返すとあんまり良くない。。。
作り変えよう作り変えようと思ってずいぶんと月日が経ってしまっていますが、近いうちにメジャーバージョンアップさせます!
告知しておかないとずるずると後回しになってしまうのでw
メジャーバージョンアップというからには機能は拡張しないといけません。
というか機能を拡張したいからメジャーバージョンアップなんですけどね。
以下を予定しています。
1.送料無料設定がある場合、かつカート内の商品合計が送料無料に達していない場合に「あといくらで送料無料です」の表記をする。
2.上記と合わせて関連商品(おすすめ商品も?未定)の中から送料無料までの不足金額を充当できる価格のものを提案表示。(詳細は検討中。極力管理画面から任意設定できるようにしたい。)
3.コアファイル上書きをなくす(コア上書き0に出来るかは疑問)
4.関連商品の抽出ロジックを全面変更(現状は負荷が高すぎる)
5.CSVによる一括登録変更に対応(CSVコンポーネントで実現予定 別途アドオンで。)
上記の「4.関連商品の抽出ロジックを全面変更」について。
現状の仕様として関連商品の関連性は「相互」にあります。
AとBが関連商品として紐付けられた場合、AにはBが、BにはAが表示されます。
あくまでも「関連商品」なのでこれで良いと思っていますが、別の需要もあるようです。
——-
AにはB、C、D、Eという商品を関連商品として表示したい。
だが、Bには何も表示したくない。
——-
この場合、関連商品モジュールでは想定している要求ではないので実現できません。
関連商品モジュールでは「関連商品フラグ」を介して紐付けているので。
関連商品フラグを使わずに商品IDに関連商品として表示したい商品の商品IDを紐付ければ実現できます。
従来バージョンと同じ挙動と、一方通行の挙動を共存させる仕組みにしようと思っています。
※このあたりは備忘録を兼ねているので意味がwという突っ込みはしないようにw
価格の改定を前提ですのであしからずご了承を。
ツールによる従来バージョンからの簡単アップデートにも対応するつもりですが、カスタマイズしている場合には「ツールで一発!」とは行かないのでその辺はマージ前提で。