サイト制作の見積り作成

これがなかなか難しい。
単純に、工程が細分化されていて、工程ごとの作業工賃が決定していて、積算するだけで費用算出ができるのなら、何も難しいことはないのだが、どうもそう簡単にはイカナイ。
本来ページあたりの見積りって有り得ないんですよ、WEBの場合。DTP(紙媒体)ならA4サイズ1枚いくらって出来ると思うんですが、WEBページの大きさってまちまちですよね。
そこにシステムが絡んでくるとページ単価っていう概念では対処できませんね。
システムは通常人月計算します。ひとりのプログラマが1ヶ月かかる仕事は「1人月いくら」っていう様に表現します。
相場は60万?100万くらいでしょうか。(根拠ありませんのであしからず・・・)


話を戻しますと・・
WEB制作の見積り作成。
分かり易くする為に便宜上「ページ単価」で見積りしてます。
・トップページ
・下層ページ
・企画構成費
っていう項目で作ることが大半で、ここに状況に応じて「Flashアニメ」「掲示板」「Blog」等が加わることになります。
でもこれって「トップページは絶対この金額」っていうものがあるわけではないんですよ。
言葉で言えば「トップページ」同じですけど、レイアウトや機能で全く異なるページができますよね。
となると、毎回同じ見積り金額が出るわけではなくなるんですよ。(もっともサイトで何をしたいとか、具体的なプランが皆無の時にはほぼ一律の料金提示をしますが・・)
重要なのは「サイトで何がしたいか」「サイトで何を実現させたいか」なんですね。
ですから見積り作成の時に「サイトの概略」「やりたいこと」を詳しく教えてもらわないと、意味のある見積り金額は出ないんです。
当然あんどぷらすはコンサル業をメイン業務と捉えているのでこの部分でより詳しいお話を伺えれば、こちらから提案させていただくことも出来るわけです。
単に概算費用を知りたいだけでの見積もり依頼は最終的には有益にならないかもしれないなと感じています。
制作・コンサルティング依頼の有無に関わらず、詳しい情報を伝えていただいてより良いサイトに出来ればいいなあと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.