開発環境

開発環境を少し変更及びアップデートしました。
ちょっとハマった。。
これまで進行管理をGanttProjectで行ってたんだけどPDF出力で日本語が全滅したり、UIが好みじゃなかったり、同一日に複数のガントチャートが入れられなかったり、土日にスケジュールを入れられなかったりでイマイチな感じだった。
(Javaが触れれば自分でハックするんだけど残念!Java分かりませんw)
で、ガントチャートだけじゃなくてあれこれ管理できた方がいいなとプロジェクト管理のできるものを検討。
Tracが良いという記述があるものの構築がめんどくさそう。
この手の管理ツールで時間を取られるのは本末転倒なので出来の悪い俺はささっと構築できるものを探す。
今のところRedmineがいいなと、RoRなので触ったこともないのに無謀か?w
天下のGoogle様に頼りきって構築してみた。
まずはXPにインストール。
MySQLは既に稼動してるから事前にすることはRubyとSubversionを入れるだけ。(RedmineのパッケージにRalisは入ってるから事前にインストールする必要はないんだけど入れておいた。Subversionはなくてもいいけどモジュール開発のバージョン管理とバグトラック用に入れてみた。)
Redmineは解凍して設定ファイルを少し触るだけ。
Google様と先人様に感謝しつつインストールは完了。
実際に触ってみる。
なかなかいい感じ。
複数プロジェクトを設定できることとWEBベースで稼動することが自分にとっては最大の魅力で、これをZen Cart用のモジュール開発管理に使い、受託開発管理に使い、外部スタッフとの連携に使おうと。
あと、eclipseがおかしくなったのでちょっと触ってみた。
おかしくなったところは直ったんだけどこれまででてなかったエラーが出るようになった。
eclipse本体のエラーではなく、PDT。
それもPDT自体のエラーじゃなくて書いたスクリプトにこれまで×が出なかった箇所に出るようになった。。
phpで書いた下記がエラーになるんだけど何で?
var $cookie_path = substr(DIR_WS_ADMIN, 0, -1);
これsyntaxが出る。expecting ‘,’or’;’って。
そんなはずないんだよね。Zen Cartデフォルトの記述だし。
で、別のエディタに全てコピペしてそこからEUC-JP上書き保存するとエラーが消える。
PDTのプロジェクトの文字コードは表示上はEUC-JPにちゃんとなってる。
ブラウザで動作確認すると動いてるしさ。ヘンナノ。
今使ってるeclipseは3.3.2
PDTは1.0.3

ポイントモジュール

いやぁ やられましたね。
無料ポイントモジュールが出てしまいました。。
いつかありうるとは思ってましたがこのタイミングとは。
私もようやく次期バージョンの開発に取り掛かっていたところだったんです。半分くらい出来てましたorz
嘆いても仕方がないので少し方向修正をして全面的に無料モジュールを上回るものにしてからリリースします。
オフィスあんどぷらすのモジュールはマーケティングに有用なものを中心に作っていこうと決めています。
また、それらのモジュールはそれぞれ連携することでさらに力を発揮できるようにとも考えています。
ポイントモジュールの次期バージョンは「アドバンス版」、現行バージョンは「スタンダード版」として並行販売する予定でいましたがこの辺りはちょっと検討の余地が出てきました。
蛇足ですが、この半年ほどで手がけていたものを書いておこうと思います。
・Zen CartでのBTO実現
javascriptでごりごりとカスタムオーダーのフォームを作っていました。それも膨大な数。
作った画像数が数万枚に及ぶかと。。デスマの元凶でしたwww。
・楽天市場用CSVファイルからZen Cartに商品登録する機能の実現
楽天用CSVからカテゴリの生成、商品の登録、オプションの登録が行えるモジュールを作りました。ちょっと特殊な運用をしているクライアントなので汎用性を拡張しないとモジュールとしてリリースできませんが。
・おてがる通販用CSV出力
おてがる通販で読み込むことができる受注データをCSV出力するモジュールを作りました。
佐川急便等の送状印刷に発展可能です。
・決済モジュール
決済.com用の決済モジュールを作りました。
・タグ
商品を端的にあらわす語句を商品一覧及び詳細ページで一覧表示するモジュールを作りました。タグクラウドとは少し異なり、運営者の意図する語句での商品セグメント分けとそれに伴うカテゴライズとでも言いましょうか。
・価格表示の改変
Zen Cartでのセールや特価の表示を全面的に変更するカスタマイズを請けました。
・Zen Cart携帯対応
zen-deraさんのモジュールで数サイト手がけましたが何気に大変でした。
・サーバーチューニング
DB、phpのチューニング作業を請けました。
phpアクセラレータ導入とか、my.cnfやphp.iniの設定調整等。
Zen Cart関連はこんな感じに、当方リリースモジュールのサポートとかカスタマイズ案件も随時こなしてました。
Zen Cart以外ではヒーリングサロンのサイト構築とか。

開発環境 Zen Cartとか普通のWEBとか

以前にも書いた気がするが気にしない。
今の私の開発環境(ツール)はこんな感じです。
ローカルサーバー
OS: WinXP Pro
DB: MySQL 5.0.24a-community-nt
PHP: 5.1.6 (Zendのバージョン: 2.1.0)
HTTP サーバ: Apache/2.2.3 (Win32)
コーディング
PHPエディタ、TeraPad
表示確認
OS: WinXP Pro
OS: WinME
OS: MacOS9
ブラウザ
Win: IE6,7 FireFox2.0.0.6 Opera9.20 Safari3.0.3 Netscape7.01
Mac: Netscape IE5
バージョン管理(差分管理)
WinMerge
その他
フォトレタッチ: PhotoShop7.01
ドローソフト: Illustrator10
Flash MX
StyleNote(CSSエディタ)
Putty(sshクライアント)
Acrobat5.0(未だにw)
FreeMind(マインドマップ用 アイディア出しとか企画構想用)
etc
これサーバーと通常使用するPCが同居してるんです。
ほんとは切り分けたいんだけどなー。
デュアルモニタにしてMacOSXをサーバーにして画面上でマウスが双方に行き来できるようにしたいw
こんな風に。

人気ブログランキング 人気blogランキング にほんブログ村 企業ブログ 情報通信業へ
【BannerBridge】アフィリエイトプログラム

CMS:MODx

ローカル環境でCMSをいろいろ試してます。全てオープンソースですけどね。
メジャーなところではWikiとかXoopsとか。EC系ではZen CartとかosCommerce。
EC系はZen Cartをメインで提供していくことにしてます。
デザインカスタマイズはもとより、機能カスタマイズまで請け負います。
コーポレートサイトの構築をCMSで行うことは確実なニーズがあるわけで、ウチでもいろいろ試してはいるんですが、「コレダ」というものがなかなかないんですよねえ。というか見つけられないだけか?w
コミュニティサイトの構築ならXoopsでしょうし、SNS構築なら OpenPNEでしょう。
俗に言うコーポレートサイトはっていうとMovableTypeをカスタマイズして使うことが潮流としてあった気がします。
が、MTってまともに触ったことないんですよねー。
ずいぶん前に個人の無償ライセンスでパッケージ自体は入手してあったんですがダウンロード自体も結構煩雑でめんどくさかった気が。あくまでも個人的な体感ですが。
perlで書かれてるのも避けてた理由かも。
CMSの最大の難点は「CMSっぽい」ところかなあなんて思ってるんですよ。
ナンダソレって思うかもしれませんが、Xoopsで構築したサイトってXoopsっぽいでしょ?
もちろんそれっぽく見せないデザインカスタマイズもできるんですけど多くの場合でコアファイルをいじらないといけない。
結果的に頻繁に行われるバージョンアップについていくのが億劫になったりするわけです。
バージョンアップでは機能追加だけでなく脆弱性の改善とかもあるわけで全く無視していくわけにはいかないんですよね。
サーバー自体のアップグレードによってPHPが5になったり、MySQLが5になったりしたときにはコアもバージョンを上げざるを得なくなるかもしれませんし。
このCMSっぽさって何気にSEOに関連してくるんですよ。
CMSで動的にコンテンツを生成する場合、多くが「ヘッダ」「メニュー」「フッタ」等のパーツで管理していきますよね。
コンテンツの中身の方が少なくなることもあるかと思います。
そうなると、ページ単位での独自性というか、テーマが薄くなるんです。
当然サーチエンジンが「似たページ」と判断することも多くなるんじゃないでしょうかね。
SEO対策としてパラメータ付きの動的URLを静的URLに変換することが多く行われてますが、それって本質的なSEO対策じゃないだろうと思う理由でもあったりします。
実際パラメータのついてるURLでもきちんとインデックスされますし、静的URLとの差異はそれほど感じないんですよね。
で、CMSっぽくないCMSがないかなーと探してる最中です。
いいのが見つかったらウチのサイトのリニューアル時に使ってみます。
現在の最有力候補は MODx です。
これAjaxなんですねー。
ローカルで動かしてるんですが、まだちょっと要領がつかめない。
特徴としてはこんな感じらしい。

Winny判決

判決出ましたねえ。罰金刑ですか。
んー。
正直なところ、全く意味が分からない判決です。
例えば。
国防省から機密情報が流出した。
悪いのはダレ?
ナゼ流出したのか。
Winnyのせいで流出した?確かに直接的な原因はそうなんでしょうね。Winnyを経由することで外部に流れたのなら。
ただ、機密情報が入っているPCになぜWinnyが入ってるの?
一般企業では、社有のPCに個人的にソフトウェアをインストールすることは禁止されてますよ。
windows update すら個人の判断ではできないというのに。
「国家の機密情報を管理するPCに自由に個人的な目的のためにソフトをインストールできる環境」の方が私は怖いですよ。
Winnyという製品名が一人歩きしているが、Winnyってなんなのかといえば、Peer to Peer(P2P)モデルであり、クライアント・サーバ・モデルの対義語である。
クライアント・サーバ・モデルとはナニカといえば、今アナタが見ているブログ。
つまり、個々のPCがサーバーにアクセスしてそこで情報を得るもの。
Peer to Peer(P2P)モデルとはIP電話とかMSN Messengerも。
個々が個々のPCに直接アクセスしてデータ交換をするもの。
(言うまでもないが、ここでのデータとは動画とか音楽とかに限定していない。)