オープンソースのEC系プラットフォーム

オープンソースのEC系プラットフォームはメジャーマイナー含めて結構な数あります。
日本で人気なのはEC-CUBEでしょう。
現代的なビジュアルが受けているような気がします。
ただ、商品数が膨大なサイト構築には注意が必要でした。
DBにMySQLを選択しているとサイトが非常に重くなっていました。
が、ここに来てこの件も解消されそうです。
http://xoops.ec-cube.net/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=6775&forum=14&post_id=32427#forumpost32427
個人的に今一番高機能なECプラットフォームはMagentoだと思っています。
癖はありそうだし、高機能=複雑であることは否めないのですが。。
日本語の環境(利用者数とかナレッジの共有とかバックグラウンド的なこと)が整えば面白いんじゃないかと思います。
http://www.magento-jp.com/
※ちなみのMagentoの日本語化やモジュール開発はhirokazu_nishiさんがほぼひとりで手がけたそうです。パワフルですね!見習いたいものです。
現在β版で開発中のプラットフォームがLiveCommerceです。
ちょっと(だいぶ?)遅れているようです。
β版ですが公開はされてますし、オープンソース自体が永遠のβ版とも言えるので現在の状態で要望をかなえられるようであれば導入すれば良いのではないでしょうか。
http://www.live-commerce.com/
オフィスあんどぷらすではこれまでZenCartを中心に関わってきており、最近CS-Cart(オープンソースではありませんが。)にも力を割きはじめています。
これまでメインで携わってきたZenCartの歩みが計り知れないくらい鈍化してきているので、次の一手を模索しているのですがここは素直に他のオープンソースプラットフォームに目を向けてみようと、そう思いはじめています。
上記に挙げた3種は(まずは勉強からですが)カスタマイズまで対応できるようにしていきます。
オフィスあんどぷらすはプラットフォームを選びません。
と、近い将来には言えるようにがんばります。

ZenCart用モジュール

オフィスあんどぷらすで制作販売しているZenCart用モジュールのうち、ポイントモジュールアドバンスと、会員ランクモジュールアドバンスのセット販売を期間限定で行います。
期間限定ですので20%OFF 1万円引きにて提供しちゃいます!
セットでこそ力を発揮する機能もあるので、やはりセットで使ってもらいたいのですが、まずは予告です。
具体的なキャンペーン期間は決まり次第告知します。
ZenCartのコミュニティ掲示板に顔を出す時間もなかなか作れないほど、最近もZenCartカスタマイズいっぱいやってます。
オフィスあんどぷらすはCS-Cartに力を入れていきますが、ZenCartのモジュール開発もまだまだしていきます。
最近ではこんなものを作っていました。
・商品の発送を外部委託している企業様用の出荷依頼CSVファイルの出力モジュール開発
・上記に付随して各種フォームの入力チェック機能のカスタマイズ
・共同購入モジュール(非常に困難な局面に遭遇しています。。早急に完成させたいところです。)
・商品オプションの組み合わせ登録を商品登録画面内で完結させるロジック開発(これもちょっと手こずってます)
・オプションの必須項目設定を管理画面で一元的に管理するモジュール開発(ちょっと修正中です)
その他既存サイトの修正とか調整とかも受託してます。

議論

だめだなこれ。
http://zen-cart.jp/bbs/viewtopic.php?f=6&t=4577&st=0&sk=t&sd=a&start=90
どうも議論の出来ない人が多すぎて嫌になってくる。
仲裁に入った人も、それ仲裁に見せかけた一方への批判じゃない?
理論的ではない感情的な好き嫌いの問題に映るんだけど。
議論って確かに難しいんだけどさ。
「議論とは人の意見を理解するためのもの」
議論てなんぞやということはそのうち気が向いたら書こうと思うけど、まずはぐぐってみれ。

ZenCart日本語公式

http://zen-cart.jp/bbs/viewtopic.php?f=6&p=22836#p22836
注目度は高いけど、実のある議論は難しいかな。
・掲示板という場
・発言者の立場
利用者から見れば無料モジュールで標準搭載のほうがいいという意見が出るのは当然だよね。
その意味では、このトピの議論を掲示板という場に投げたのはいかがなものかと。
実はこの議論、以前よりdev-zenというZenCart開発用のMLや、skypeミーティングでされてきていることなんだよね。
そこでの意見は真っ二つで、「公式はモジュール開発をすべき」か否かでいつも紛糾する。
そしてコンセンサスは取れないままなし崩し的にモジュール開発がスタートした。(と俺は思っている。)
発言者の割合は半々から6:4くらいで「公式はモジュール開発している場合じゃない」という意見なんだよね。dev-zenでは。
なぜ掲示板にこの話題を投げたのか。
「みんなが望んでることはやっぱり公式のモジュールじゃん」
という主張のための議論ではないのか。
導きたい結論ありきの、論調の誘導が目的でこの場を選んだのならフェアじゃないなと。
(相変わらず俺は穿った見方するねw)
では改めて、なぜ今公式の運営に対するリソースが不足しているのか。
リソースが不足しているということは事実としての共通認識だ。
(誰と誰の共通認識かというと、公式モジュール賛成派と反対派)
それでも既に動いてしまっている複数のモジュール、テンプレート開発プロジェクトは進捗が見られる状態。
一部の人達がモジュール開発してる。
んじゃリソース不足してないんじゃないのかという意見も出そうだけど、ドキュメント、サイト、コアバージョン追随ということに関しては実働リソースがほとんどない。
何故かって?公式のプロジェクトは、アークウェブさんの社内リソースの投入と、一部の有志によって成立しているから。絶対数が足りないのでモジュールやテンプレート以外にリソースを割けないんだよ。
これ以上のリソースは有志頼みなんだけど、この有志が集まらない。
次。
ドキュメントの類にリソースが集まらないのは何故か。
ここのところの議論はいつもされてこなかった。
リソースが足りない。

誰かやってくれませんか?

誰もやらない。
この繰り返し。
リソースが足りない原因が掴めていない。
なんで誰もやらないのかということを考えたことはあるんだろうか。
どうも、面倒だからやりたがらないとしか捉えていない様子。
それは間違ってはいない。
大抵の人にとってドキュメントの整備は楽しくないからね。
楽しくない作業にも意義を見出す人達はいないのか?
モジュール作者とか、Web屋がその候補だと思うんだ。
こういう人は、ZenCartをビジネスライクに捉えている。
故に常にどうしたら売り上げが上がるかということを中長期的な視点から考えている。
楽しいか否かとか、やりがいとかは最優先項目ではない。
自分の利益の為にZenCartのユーザー拡大や、利便の提供が必要だと考えているので、楽しくない、陽の目をあびないドキュメント整備等の作業に「目的」を持って取り組める数少ない層なんだよ。
なのに、そういった層の人達がコミットしない。
何故か。
そこには原因があるはず。
公式の動きにコミットすると困ることがあるんだよきっと。
自分のビジネスが阻害されるからなんじゃないの?
自分が販売しているモジュールと重複するモジュール開発プロジェクトが立った。
自分が開発しようとしていたモジュールと重複する公式モジュール開発プロジェクトが立った。
自分がカスタマイズを請け負ったサイトと同様な機能を有するモジュール開発プロジェクトが立った。
こういった状況に陥ることは往々にしてあると思う。
そんな状況が発生することが目に見えてる以上、コミットすることはかなり難しい。
サイト構築とかカスタマイズする時守秘義務契約結ぶでしょ。
場合によっては競業避止も結ぶかもしれない。
法的にもコミットできなくなるね。
ではこういった人達が公式にコミットしたいと考えた時、回避策はないのか?
公式がモジュールをやらなかったらどうなる?
コアとかドキュメントだけだったら、上述のような状況は発生し得ないよね。
そうすればリソースが今よりも確保しやすくなる。
と思うんだけどどうだろうか。
自分のビジネスと競合するプロジェクトだけコミットしなければいいじゃんという意見はナンセンスだと思うよ。
公式は利用者の利便性を向上することも大事だけど、関わる制作者(モジュール作者に限らずWeb制作会社全般)の利益も守るべきだと思う。
掲示板にも書いたけど、関わる全ての人が利益を享受できないのはどこかが歪んでるんじゃないかな。

Zen Cartコミュニティ掲示板

残念なことに最近過疎化っぷりが激しい。
Mixiのコミュニティも完全に死んでる。
日本語公式版が未だに1.3.0であること、公式サイトが非常に見にくく利用しにくいこと、公式サイトのデザインがしょぼいこと、そんな理由から新たなZen Cart採用者が減っていると思われる。
あんどぷらすの受託案件はそのほとんどがZen Cart絡み。
モジュールの導入からカスタマイズ、サイト構築やリニューアル様々。
Zen Cartが廃れると困るんだよねw
どうしたらいいかなぁといつも考えてる。
コミュニティ掲示板でも困ったといった書き込みに対して開発環境で再現するか試して解決策を見出してからレスを返すということも行っている。
これは一見すると直接お金を生む行為ではないから無駄だと思う人もいるだろう。
(結構な時間を使うことになるから以前は俺もそう思ってた。)
でも掲示板に困ったことがあると投稿するも解決しない場合、極端なことを言えばZen Cartの採用はあきらめてしまうかもしれない。
その場で直接お金にならなくても、ネットショップが軌道に乗ればもっと便利にとモジュールを買ってもらえるかもしれない。リニューアルの依頼をしてくれるかもしれない。
その時のためにZen Cart市場の活性化、拡大を促進する行為だと思っている。
そして「オフィスあんどぷらす」という存在を知ってもらう場でもあり、ブランディングでもある。
Zen Cart利用者はもとより、WEB屋さんにももっともっと使ってもらいたいなぁ。
話は変わるが、Zen Cartをがっつりカスタマイズしてサイト構築できるWEB屋ってそんなに多くないと思う。
理由は明白。
Zen Cart(に限らないが)の構造を理解するのに時間がかかるから。
ファイル数もとても多いため触りたくない=触る気にならないというプログラマも多い。
ドキュメントの類も不足している。
DB構造とか、ファイル構成などの情報が足りない。あっても1.2時代のままだったりする。
工数を減らすためにOSSを採用するはずなのに、OSSの解析、理解に時間を費やさねばならず、ある意味腹をくくる覚悟がないと取り入れられないのかもしれない。
うちは3年前に腹をくくったw
もう少し時間が出来たらドキュメントの整備もしたいなと思ってる。
日本語公式にコミットするか否かは別問題だけどね。
情報の分散は良くないと考える人も多そうだけど(以前は俺もそう思ってたが)分散しても良いんじゃないかな。
利用者の多いアプリケーションはブログで情報発信する人も多くなって必然的に情報は分散するものだし。
多くのサイトがあれば人目に触れる機会も増えて活性化するとも思う。
Zen Cart2.0が出るのでそのタイミングでZen Cartを取り巻く環境が活性化してくれることを期待しているけど、日本語公式の動きが鈍ければ独自にローカライズして情報発信するよ。
日本語公式にコミットしろよという声も聞こえてきそうだが。

Zen Cart 1.3.8a 日本語版 配布停止

現在Zen Cartの日本語公式では1.3.0が配布されています。
これが公式としての最新バージョンです。
上記とは別に1.3.8a日本語版として、某社が独自拡張したバージョンが配布されていました。
そう「過去形」。
http://www.bigmouse.jp/zencart_1.3.8a_ja_download.php
配布が終了してます。
OSSなので、必要に迫られた人が引き続きメンテナンスを継続していく道はあるものの某社からの正式なメンテナンスは望めないかも。
うちでも1.3.8a対応のモジュールを販売していますが、今後1.3.8a対応のモジュールを開発していくかは大いに検討の余地があります。
これ以上1.3.8aユーザーが増えないということなので。
ここまでが、某社の1.3.8a配布終了に対する、オフィスあんどぷらすとしての今後の対応含むコメントですが、以下個人的な感想を述べます。
久しぶりの辛口なので以降の記事はたたむw

“Zen Cart 1.3.8a 日本語版 配布停止” の続きを読む

Zen Cart2.0

本家掲示板から。
———–
Hold on folks. Let me clarify, as it seems there is some misunderstanding and conjecture going on.
There IS a v1.3.9 in-the-works. It will be released as soon as it’s ready … there a few final touches we want to make to it before we can release it, but we’re trying to get the 2.0 beta out the door first.
v1.3.9 contains all the known bugfixes discussed on the forum, plus a few fixes we discovered while doing 2.0.
It is not vaporware. It’s a real product, and will be published sometime after the 2.0 beta comes out, and before the 2.0 final stable release is issued.
(In Qdixon’s defense, he was simply communicating information based on support-related discussions from several months back when 1.3.9 was in a “maybe” state. Since then many things have changed. Hence my clarification above.
ie: v1.3.9 “doesn’t exist” in a public state … cuz it’s not released yet. But … it’s very real on the development side.)
Or, I suppose we could put 2.0 on hold and work on 1.3.9 instead. But I suspect we’ll hear a lot of screaming about that, so … we’re gonna stay focused on the 2.0 beta preparation for now … it might be another week yet.
———–
2.0リリースは近いな。
今忙しいからもう少し後でも良いのに。

オープンソース

「オープンソースはサポートでお金を取る仕組みだからわざと難しく作ってある」
という意見があるみたい。
これ、難しく作ってあるという部分に関しては「結果として」という捉え方をすべきかと。
オープンソースの多くは外国圏で作られている。
(もちろん日本発のEC-CUBEとかOpenPNEとかあるけれども。)
外国圏で作られたものを日本語で使うには多くの場合言語ファイルを用意して、日本語で表示というトリガを引くと言語が切り替わる。
これは自然語で表示する部分を全て定数で定義しておく必要があるということを意味する。
ということは
echo “HelloWorld”;
という単純な記述さえ
define(‘HELLOWORLD’,’HelloWorld’);
echo HELLOWORLD;
と書き、更にはアクセスする言語で分岐する場合、言語の数だけdefineを用意し、条件分岐のスクリプトが必要になる。
結果複雑(ファイル数増大)ということに。
それと、言語以外の部分でもオープンソースは汎用性を高めようと作っていく傾向にある。
例えばZen Cartにおいてはショッピングカートの機能に限定しても、支払い方法を任意に追加できるようになっていたり、配送先を複数設定できたり、配送方法を任意に追加できたり。
税金の扱い方法も送料に含めたり、割引に含めたりと。
オープンソースが複雑だという意見は間違っているとは思わない。
でもサポートでお金を取る為に複雑に作ってあるわけではない。
そもそも大勢の人の手によってより便利にしていこうという発想でプロジェクトは進んでいく為に複雑化していく傾向にある。
ただし、オープンソースが最良の選択だとはこれっぽっちも思っていないので悪しからず。
サイト運営者の目論見と、予算から選択しうる一つの手段でしかないと思ってる。
予算があって、やりたいことがオープンソースの大幅なカスタマイズでしか実現できないならフルスクラッチで作った方がいいに決まってる。

えぇ商いどっと混む

オフィスあんどぷらす制作の有償、無償のZen Cart用モジュールをダウンロード販売するサイト「えぇ商いどっと混む」をオープンしてあります。
本当はもっと作り込んで、コミュニティポータル的なサイトにしたいのですが時間も割けずこのままダウンロード販売サイトとしてひとまず稼動させます。
ZOXで構築しているため会員登録が2系統あるのが分かりにくいのですが、ダウンロード販売のみを利用する場合は下記URLから会員登録してください。
えぇ商いどっと混む
なお、虚偽の顧客情報にて登録される方がいますが、それは迷惑なのでやめてくださいね。

Zen Cart サーバー調整

Zen CartってDB等に対する負荷が高い。
特にv1.2。
というのも、DBにインデックスが振られてないから。
ためしにインデックスを振ってみた。
Zen Cart用DB内の総レコード数が72,000強あるんだけどこれで少しはましになるのかなー。
少し様子を見ながらmy.confを触ってみよう。