Zen Cart 関連商品表示モジュール

このモジュール、結構な数ご購入いただいています。
ありがとうございます!
関連商品モジュールは私の販売するモジュール第一弾でした。
その頃はZen Cartのバージョンは1.2。
Zen Cartの理解もまだまだ浅い頃でした。
(今では受注案件のほとんどがZen Cart関連なのですがまだまだ未熟ですorz)
そんなわけで、関連商品モジュールは今見返すとあんまり良くない。。。
作り変えよう作り変えようと思ってずいぶんと月日が経ってしまっていますが、近いうちにメジャーバージョンアップさせます!
告知しておかないとずるずると後回しになってしまうのでw
メジャーバージョンアップというからには機能は拡張しないといけません。
というか機能を拡張したいからメジャーバージョンアップなんですけどね。
以下を予定しています。
1.送料無料設定がある場合、かつカート内の商品合計が送料無料に達していない場合に「あといくらで送料無料です」の表記をする。
2.上記と合わせて関連商品(おすすめ商品も?未定)の中から送料無料までの不足金額を充当できる価格のものを提案表示。(詳細は検討中。極力管理画面から任意設定できるようにしたい。)
3.コアファイル上書きをなくす(コア上書き0に出来るかは疑問)
4.関連商品の抽出ロジックを全面変更(現状は負荷が高すぎる)
5.CSVによる一括登録変更に対応(CSVコンポーネントで実現予定 別途アドオンで。)
上記の「4.関連商品の抽出ロジックを全面変更」について。
現状の仕様として関連商品の関連性は「相互」にあります。
AとBが関連商品として紐付けられた場合、AにはBが、BにはAが表示されます。
あくまでも「関連商品」なのでこれで良いと思っていますが、別の需要もあるようです。
——-
AにはB、C、D、Eという商品を関連商品として表示したい。
だが、Bには何も表示したくない。
——-
この場合、関連商品モジュールでは想定している要求ではないので実現できません。
関連商品モジュールでは「関連商品フラグ」を介して紐付けているので。
関連商品フラグを使わずに商品IDに関連商品として表示したい商品の商品IDを紐付ければ実現できます。
従来バージョンと同じ挙動と、一方通行の挙動を共存させる仕組みにしようと思っています。
※このあたりは備忘録を兼ねているので意味がwという突っ込みはしないようにw
価格の改定を前提ですのであしからずご了承を。
ツールによる従来バージョンからの簡単アップデートにも対応するつもりですが、カスタマイズしている場合には「ツールで一発!」とは行かないのでその辺はマージ前提で。

Zen Cart 関連商品表示モジュール バグフィックス及び仕様拡張

長らく放置してしまっていた関連商品モジュールです。
すいません。。
過去に指摘いただいていた内容と全く同一の指摘を受けまして。
開発環境では対応が終わっていたのですがようやくパッケージにしました。
ついでに機能を拡張しました。
■修正点
1.関連商品をショップ側で抽出するSQ文に誤記がありました。
重複したフィールド名、重複したカンマ。。。
ごめんなさい。完全なミスです。
2.読み込むSQLファイルの不案内
プレフィックスを決め打ちで書いてあるのですが、環境に応じて書き換えるようにということと、管理画面のSQLパッチからのインストールではプレフィックスを外す必要があることを明記していませんでした。
(一部言い訳があるんですけどね。SQLパッチを使うときに説明を読めばプレフィックスをつけてはダメと書いてあります。「詳細」ボタンをクリックしないと見れないページですけど。。)
添付するSQLファイルにプレフィックス無しを追加しました。
プレフィックス有りもこれまで「zen_」を付けてあったものを「ZEN_」と変更し、環境に合わせて置換する際に間違って関数名の「zen_」を置換してしまわないようにしました。
■機能拡張
これまで、商品登録時のフラグ設定は通常商品しか対応していませんでしたが、デフォルトの全ての商品タイプで商品登録の際同時に関連商品のフラグ設定が出来るようにしました。
また、これまで商品の移動、コピーも関連商品のフラグを引き継ぐようにしてありましたが、music_typeのみ対応していなかったため、今回の拡張でmusic_typeにも対応しました。

今回の修正は1.3用のみです。今後1.2用のモジュールは開発停止します。
ちなみに1.3.8aでの動作は確認していませんのでご了承を。
■TODO
全面的に書き換えたいです。
いつになるか分かりません^-^;
■ご購入
zen-dera.jp
えぇ商いどっと混む

Zen Cartモジュール「Related_Products」 v1.3用パッケージ化完了

※2007/07/31 追記
zen-dera.jp様にて関連商品表示モジュール販売開始となりました。価格は3,000円です。
zen-dera.jp関連商品表示モジュール
Zen Cartモジュール「Related_Products」のv1.3用が出来ました。
機能はv1.2用と同じです。
1.3用はzoxでの動作も確認済みですが、admin/includes/stylesheet.css は差分のみ追記しないと表示が崩れます。(差分は用意してありませんのでご自分で確認ください。)
以前の告知から機能の変更、追加があります。(正式リリース前なのでバージョン番号変えませんがw)
・関連商品エリアの表示管理
・関連商品表示エリアの横幅
・関連商品の最大表示数
・商品単体ボックスの横幅
・商品単体ボックスの高さ
・商品単体ボックスのパディング
・商品画像の横幅
・商品画像の高さ
・商品名の表示
・メーカー名の表示
・価格の表示
・型番の表示
・今すぐ購入ボタンの表示
・複数商品の数量欄の有無
・管理画面での関連商品一覧表示数
・ ※関連商品の1行表示数
※上記中「複数商品の数量欄の有無」は未実装(正確には実装作業中に頓挫w)のためfalse設定のまま運用してください。
■機能
1.一覧表示の際に表示方法を「CSSレイアウト」か「テーブルレイアウト」が指定することが出来ます。ただしこれは管理画面からは変更できません。
includes/templates/My_Template/common/tpl_list_box_flags.php
の中にコメント記述してありますのでその指示に従えば変更が出来ます。
CSSでの設定がうまく出来ない方はテーブルレイアウトに変更した方がらくだと思います。
2.各表示選択項目は、表示の位置は指定できません。位置を変更したい場合はソースを書き換えてください。
その他は こちらのエントリ を参照してください。
人気blogランキングへ
【BannerBridge】アフィリエイトプログラム
にほんブログ村 企業ブログ 情報通信業へ

Zen Cartモジュール「Related_Products」パッケージ化

「Related_Products」と銘打って関連商品フラグモジュールをパッケージ化しました。
これは商品にフラグを立て、関連商品を商品詳細ページに表示するモジュールです。
特徴は前回記事の通りですが、若干補足。表示部分にCSSをカスケードして適用しているのですが、そのCSSはphp化してあります。
これにより、管理画面からCSS値の一部を直接変更することが出来ます。
もっとも一度設定したらデザイン変更時以外用なしなんですがw
汎用性を持たせようとしたらこうなっちゃいました。
現在テスター募集中です。
開発環境はWindows XP Pro SP2 ベースのXAMPP環境です。
php5.1.6、MySQL5.0.24a、Apache2.2
および
php4.4.6、MySQL4.1、Apache1.3
で動作確認できています。
テスター募集終了後は有償配布になります。価格は3,000円程度を予定しています。

Zen Cartモジュール開発中 リリース間近!

Zen Cart用のモジュールを作ってます。
ここで実現する機能自体はこれまでも個々のクライアント案件でカスタマイズしてきた機能ですでに何件かで実際に運用しているものです。
それを汎用性を高め、管理機能も充実させてパッケージ化しています。
話が前後しましたが実現する機能は「クロスセリング」です。
商品と商品を関連付けるためのフラグを付与して、商品詳細ページに関連商品を表示するというものです。
目的はずばり「クロスセリング」によってWEB2.0的なロングテールを実現することです。
平たく言えば「ついで買い」を促進して売り上げを上げようというものですね。
利用者的には店からの提案がツボにハマれば「これも買っておこうかな」となりますよね。
※Ver1.3用に「CrossSell」という英語版モジュールがあるらしいですがその存在も数日前に知ったところで、その機能とかまったく知らないんですよね。なので機能がかぶってるのかどうかも知りませんのであしからず。
では肝心の機能の紹介です。
1.関連付けるために商品にフラグを設定します。このフラグは5種類設定可能です。
2.上記の5種類のうち同じフラグを設定した商品を関連商品として表示します。
3.関連商品の抽出は「5つのフラグ中、どこかに同一のものが設定されているもの」となります。

例えば下記のようにフラグ設定した場合を想定します。
フラグlist
この場合商品詳細ページを開くと何が関連商品として表示されるかというと、以下のような対応になります。
フラグ表示結果
特徴は、5つのフラグが個々のフラグに対応するのではなく、「5つの中から同一フラグのもの」に対応していること。
これによって「この商品はAという商品にもBという商品にも表示したいんだけど、Aという商品にBという商品は表示したくない」ということが実現できます。
例えば商品Aに「1」商品Bに「2」商品Cに「1と2」を設定すると、商品Aには商品Cだけが、商品Bには商品Cだけが、商品Cには商品AもBも表示されます。
そして管理機能。
フラグの設定は基本的には商品登録時に行いますが、どの商品になんていうフラグを設定したのか、Zen Cartの管理画面以外の方法で管理しなければいけないと思われそうですが、このモジュールでは全て管理画面で完結します。

こんな感じに管理メニューから管理します。
商品一覧を表示し、そこにフラグのみを記載してあります。
ここでは商品の検索機能を備え、商品名及びフラグ値で検索が出来ます。
その際同一フラグを設定した商品を全て抽出し、その抽出商品群の中でフラグの設定変更が可能です。


最後になりますが、実はこのモジュール、私がモジュールとしてパッケージ、リリースする処女作となります。
汎用性と管理機能の充実に注力して作りました。(まだ完成してませんが。)
かなりの時間と労力を割きましたので(日本語ローカライズ版ではなくほぼイチから作ったので)有償版としてリリースする予定です。対応バージョンは日本語版1.2のみです。
価格は3,000円前後を考えているのですがどうでしょうかねえ。
ここでお願いが。(このブログを見ている人がどれだけいるかわかりませんがww)
有償リリース前に数量限定でテスター募集しようと思います。
ご希望の方はメールください。

有償版リリースの期日ははっきり決めていないのですがテスター募集締め切りは有償版リリースの1週間くらい前にしようと思っています。
ではメール待ってます ^-^